高校中退

高校を中退するなら年度末に

ドロップアウト専門アドバイザーの久保逸郎です。
お正月が終わったと思ったら、1月もあっという間残り約一週間になってしまいましたね。

年度末で退学すれば、科目の履修終了として認められる

さて、今回は高校を中退するタイミングについてです。
それはできれば年度の途中で高校を辞めるのではなく、その年度の終わりの3月31日付で高校を中退するということです。

私の場合、高校1年の秋には中退することを決めていました。
そのことは両親も理解してくれていました。
しかし、2学期までの出席率はそれほど悪くなかったこともあって、すぐに高校に退学届は出さないで、途中から授業を休めるだけ休みながら3学期修了まで学校に籍を置いて、4月から公立通信制高校へ転入の形で手続きしてもらいました。
高校1年の3学期は雨の日は全く学校に行きませんでしたし、日数的には半分も学校に通っていなかったと思います。
「あと何日休んでも大丈夫か」とちゃんと考えながら、計画的に学校をサボっていました。

このような形を取ったことによって、当時英語Ⅰや数学Ⅰなどの高校1年の時に履修した科目は履修修了したものとされ、大学入学資格検定の免除科目として認められました。

現在の高卒認定試験と違い、当時の大学入学資格検定は11科目も合格しなければいけませんでした。
試験も年に1回だけしかなかったため、3~4科目でも免除されたことは大変大きかったですね。

少しの我慢で後がラクになる

現在の高卒認定試験は8科目の合格が必要ですが、高校1年の終わりまで修了すれば、そのうちの3~4科目が免除になる可能性があります。
そうなれば高卒認定試験の試験対策はかなりラクになってきます。
高校2年まで修了すれば、高卒認定試験はもっとラクになるでしょうね。

中退することを決めてから学校に通うのは、気持ちの部分で多少難しい部分があるとは思いますが、少しの我慢で後がラクになることもあるので、できれば当該年度の終わりまで頑張ってもらいたいと思います。
これから高校を辞めようと考えている方は参考にしてみてください。
『お休みは計画的に』

The following two tabs change content below.
老後のお金の不安を解消する、ライフプランと資産運用(投資)のエキスパート ファイナンシャルプランナー 金融知力インストラクター 日経の読み方アドバイザー(日経メディアプロモーション公認) FPオフィス クライアントサイド代表 1970年愛知県名古屋市生まれ、福岡県春日市在住 近畿大学法学部中退、桜美林大学経済学部卒業 ファイナンシャルプランナーとして、豊かな人生の実現に向けたライフプラン作りの支援を行っている。 独立から約17年にわたり相談業務を中心に実務派ファイナンシャルプランナーとして活動する傍ら、ライフプランや資産運用(投資)などのお金のことについて、全国各地で年間100回近い講演や、マネー雑誌やコラム等の原稿執筆などを行っている。 2019年からはFPビジネス実践塾(オンラインサロン)を立ち上げ、ファイナンシャルプランナー(FP)の育成にも力を注ぐ。 趣味はテニス、アメリカンフットボール(元オクトーバーベアーズ選手→コーチ→代表、’17~19みらいふ福岡SUNSコーチ)、キャンプ、カヤック、スキーなど。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

テスト1前のページ

高認予備校に通わないで、予備校の大学受験クラスに通う手も次のページ

関連記事

  1. 高校中退

    高認予備校に通わないで、予備校の大学受験クラスに通う手も

    高校を中退した時に真っ先に考えることは、働くことを選択するか、またはと…

最近の記事

  1. 未分類

    勝手に諦めないで、チャレンジを続けよう
  2. 就職

    高卒認定試験出身であることは就活でマイナス要素なのか?
  3. 高校中退

    高認予備校に通わないで、予備校の大学受験クラスに通う手も
  4. 未分類

    テスト1
  5. 高校中退

    高校を中退するなら年度末に
PAGE TOP