ご挨拶

はじめまして。
「ドロップアウト専門アドバイザー」の久保逸郎(くぼいつろう)です。

 

まず初めに申し上げておきたいことは、本ブログのタイトルを【高校不要論】としていますが、けっして高校生活を否定するものや、高校中退を推奨する目的で付けたのではないということです。
自分自身が高校中退を経験した者として、現在同じような境遇にある若い方々に対して、高校を辞めたとしてもけっして悲観的になったり、諦めたりする必要がないことをお伝えしながら励ましていきたいという思いで付けたタイトルですので、どうかご理解をお願いします。

 

私は中学時代は反抗期と重なったこともあってほとんど勉強せず、最後の通知表は9教科で合計18、つまり平均がちょうど2という有り様でした。
その後なんとか合格した私立高校も1年で中退、17~18歳の頃はJAZZ喫茶に入り浸りながら毎日ブラブラして時間を潰す日々でしたが、あることがキッカケで目標を持つことができ、その後大検(現在の高認試験)を取得して大学に進学しました。
また、大学進学後も方向転換のために大学を中退(近畿大学法学部)、大学に再入学(桜美林大学経済学部)、さらには1年間の留年も経験しました。

 

その後25歳で大学を卒業して大手リース会社に就職。
入社4年目に全国で約300人いる営業職の中で年間営業成績全国1位になるなど仕事で一定の経験を積み、その後外資系生命保険会社の営業職を経て、2003年春にファイナンシャルプランナー(FP)として独立しました。
現在はファイナンシャルプランナーとしてコンサルティング業務を中心に、マネー雑誌などへの執筆業務、全国各地で年間100回程度のライフプランや資産運用などについて講演を行っています。

 

このような私自身の変わった経歴と、全国でライフプランや資産運用などの講演を行う金融・経済の専門家でもあることから、お客様や友人・知人から高校中退者やフリーターの方などを紹介されて、進路や今後のキャリアについてのご相談を頼まれる機会が年々増えてきました。

 

これまでは手の空く範囲でご相談をお受けしてきましたが、多くの皆様から「もっと多くの方に伝えたほうがいい」「高校中退の経験がある人に相談したい」などという多くの声を頂戴しましたので、これから「ドロップアウト専門キャリアアドバイザー」としても活動を行っていくことにしました。

 

これから定期的にブログに自分自身の過去の経験や、これからの方々に対してメッセージを書いていこうと思います。
気軽にお読みいただきたいのと同時に、何か一つでも皆様のお役に立てれば幸いです。

 

2015年12月7日
ドロップアウト専門アドバイザー
ファイナンシャルプランナー(FP)
久保 逸郎

 

詳細なプロフィールはこちら
http://www.fp-office.com/profile.html

  1. 生活習慣

    頑張らないでいいから仕組み化を
  2. マインド

    何をするにも基本が大切
  3. マインド

    もしも部活動がストレスになって学校を辞めてしまったのなら
  4. 生活習慣

    生活のリズムを作る
  5. マインド

    勝手にあきらめない
PAGE TOP