生活習慣

頑張らないでいいから仕組み化を

ドロップアウト専門アドバイザーの久保逸郎です。

11月も終わりが近づいて、最近は冷え込んできましたね。
「朝起きるのが辛い」という人も多くなってきているのではないでしょうか?

私も高校を中退した頃はとくに誰からも強制されるわけではないですし、夜22時頃までレストランのアルバイトをしていたこともあって、朝はなかなか起きないで、昼前になってようやく起き出すという生活をしていたことがありました。
朝ダラダラとしてしまうため、通っていた予備校もほとんど毎日遅刻か欠席でした。

自分自身は「7時頃には起きよう」と思っていたので、それができないから後悔の気持ちが溜まる毎日になってしまうのですよね。
ネガティブな感情が多くなってしまうと、結果的に悪循環を引き起こしてしまいます。

ラクに早起きができる方法

しかし、今は毎日5時頃には起きています。
さらに付け加えると、社会人になってからはそれほど朝起きることが苦痛になっていません。

それができる理由は「夜早く寝ているから」です。
今は夜22時半には布団に入っているので、よほど身体に疲れが溜まっているとか、病気でもしていない限り、自然に朝5時頃には目が覚めます。
6時間半から7時間程度は寝ていることになるので、目が覚めるのは自然なことでしょう。
このように早く寝れば、早く起きれるようになるものです。

頑張らないでもできる仕組みを作る

人間は本能的にラクをしようとしますから、頑張っても長続きしないことが当たり前です。
「3日坊主」なんて言葉がありますが、3日も続けば大したものです。
そのため頑張ろうとすることよりも、「頑張らないでもできる」仕組みを考えるほうが大切です。

人間はいつまでも寝れるものではないですし、身体が起きようとしますから、あなたがもし早起きをしたいと考えているなら、早く寝てしまえばいいのです。
夜に寝るのが遅いのに朝早く起きようなんて、睡眠不足になってしまうだけ。
身体は「もっと寝よう」として当然です。
それだとなかなか長続きなんてしませんよ。

 

できない理由を排除していく

何事もそうですが、気合いや根性に解決策を見出そうとしないで、自然に行えるように仕組みを作ってしまうように心掛けてみてください。

朝に早起きするために、夜は早く寝る。
寒くて布団から出れないなら、エアコンのタイマーを設定して部屋を暖かくしておく。
夜遅くまでスマートフォンが鳴るなら、布団に入ったら電源を切っておく。

このように仕組みにしまえば、きっと早起きなんて苦しいものではなくなりますよ。
これは他のことも同じです。
できない理由を見つけて、それを排除していけばいいのです。

効率を考えたら睡眠時間の確保は大切ですから、どれだけ間違っても「睡眠時間を削って頑張ろう」なんて考えないようにしてくださいね!

The following two tabs change content below.
ドロップアウト専門アドバイザー ファイナンシャルプランナー 高校を1年で中退。独学で大学入学資格検定を取得して大学進学。大学卒業後は大手リース会社、外資系生命保険会社を経て、平成15年3月にファイナンシャルプランナーとして独立。 相談業務を中心に実務派ファイナンシャルプランナーとして活動する傍ら、ライフプランや資産運用などのお金のことについて年間100回近いセミナー等の講演活動や、マネー雑誌等への原稿執筆などを行っている。 近年は自身の高校中退経験を踏まえて、高校中退者などのドロップアウトを経験した若い方々へのキャリアアドバイスを行っている。 FPオフィス クライアントサイド 代表

関連記事

  1. 生活習慣

    夏休みの時間を使って、新しい自分を見つけてみよう

    ドロップアウト専門アドバイザーの久保逸郎です。…

  2. 生活習慣

    生活のリズムを作る

    ドロップアウト専門キャリアアドバイザーの久保逸郎です。高校を中退す…

  1. 高卒認定試験

    過去問をたくさん解くことが高卒認定試験突破への近道
  2. 就職・転職

    学歴よりも外国語
  3. マインド

    学校の先生が正しいとは限らない
  4. マインド

    もしも部活動がストレスになって学校を辞めてしまったのなら
  5. 高卒認定試験

    高認予備校に通わないという選択
PAGE TOP