マインド

サザエさん症候群の対処法

ドロップアウト専門アドバイザーの久保逸郎です。

先日初めて会った若い会社員に「仕事は好きですよ」「楽しんでいます」と話したら、「社畜ですか?」「趣味とかないんですか?」と言われてしまいました。
その会社員は仕事が嫌いで、今の仕事を早く辞めたいと思っているそうです。
一週間の中で月曜日が最も嫌いとのこと。
ということで、今回はこのテーマで。

サザエさん症候群

月曜日を起点に一週間の仕事または学校が始まる人が、「明日からまた仕事か(学校か)」と日曜日の夕方か夜あたりから憂鬱になることをサザエさん症候群というそうです。
私はサザエさん症候群にはなったことがありませんが、その気持ちは理解できますよ。
大抵の人は仕事や学校よりも休みのほうがいいと思いますし、家で寝ているほうがいいですからね。
職場や学校によほど楽しみでもない限り、普通は休みのままであってほしいと思うものだと思います。

しかし、「嫌だ、嫌だ」と言っていても状況は変わりません。
たとえ行きたくなくても、基本的に仕事や学校には行かなくてはいけないのですから。
そこでおススメなのは「嫌だ、嫌だ」「行きたくない」ではなくて、たとえ心の中は違っても「行きたい、行きたい」「早く明日にならないかな」と繰り返し言い続けることです。
とにかく言い続けているとだんだんと脳がその言葉を記憶して、不思議なことにそれを信じるようになります。

あえて前向きな言葉を口に出す

私は20代の頃からずっと月曜日の朝に「今週も仕事できて超ラッキー」「今週は何をやろうかな」と言うように心掛けて習慣化しています。
また、クルマで職場に行く時などは、かなり古いですが「酒が飲めるぞ音頭」のリズムに合わせて、「今日は月曜日、仕事できる仕事できるぞ、仕事できるぞ~」と歌っています。
ちょっと怪しいですね(笑)

でもそうやって脳に「仕事は楽しい」と思い込ませているのです。
もちろん私だって起きて仕事に行くよりも、布団で寝ていたいですよ。
今はコーチですけど、日曜は基本的にアメリカンフットボールの練習ですから、月曜の朝は相当疲労感が残っています。
現役選手としてプレーしていた当時は、起き上がることがやっとのことも珍しくありませんでした。

福岡に住んでいながら東京のチームに所属をしていた時は、いつも最終の飛行機に乗って帰ってきていたので睡眠時間も足りません。
それでも仕事に向かわなくてはいけないので、あえて前向きな言葉を口に出していたのです。

私の場合はそれを感覚的に行っていたのですが、脳科学的にも正しかったようです。
人間はポジティブな言葉での会話を意識していると、潜在能力がより強く引き出されるらしいですから。

もしもサザエさん症候群になっているなら、とにかく「月曜日が一番好き」「仕事に行きたい」って言い続けてみてください。
きっと状況が変わってきますよ!

The following two tabs change content below.
ドロップアウト専門アドバイザー ファイナンシャルプランナー 高校を1年で中退。独学で大学入学資格検定を取得して大学進学。大学卒業後は大手リース会社、外資系生命保険会社を経て、平成15年3月にファイナンシャルプランナーとして独立。 相談業務を中心に実務派ファイナンシャルプランナーとして活動する傍ら、ライフプランや資産運用などのお金のことについて年間100回近いセミナー等の講演活動や、マネー雑誌等への原稿執筆などを行っている。 近年は自身の高校中退経験を踏まえて、高校中退者などのドロップアウトを経験した若い方々へのキャリアアドバイスを行っている。 FPオフィス クライアントサイド 代表

関連記事

  1. マインド

    学校の先生が正しいとは限らない

    ドロップアウト専門アドバイザーの久保逸郎です。小学校の算数のテ…

  2. マインド

    何をするにも基本が大切

    ドロップアウト専門アドバイザーの久保逸郎です。今月19日に宮崎…

  3. マインド

    流れを変えるために、意識的に間を置いてみよう

    ドロップアウト専門アドバイザーの久保逸郎です。リオ五輪のテニス…

  4. マインド

    年齢なんて気にしない

    ドロップアウト専門キャリアアドバイザーの久保逸郎です。高校中退者の…

  5. マインド

    もしも部活動がストレスになって学校を辞めてしまったのなら

    ドロップアウト専門アドバイザーの久保逸郎です。…

  6. マインド

    苦しみが避けられないのであれば、むしろそれを楽しめ

    ドロップアウト専門アドバイザーの久保逸郎です。インターネットで…

  1. マインド

    勝手にあきらめない
  2. 保護者

    高校中退をしても諦める必要がないことを伝える
  3. ご挨拶

    はじめまして
  4. マインド

    石垣島マラソン
  5. マインド

    失敗や挫折の経験は、成長するための絶好のチャンス
PAGE TOP