マインド

高校なんてどこだっていいじゃん

ドロップアウト専門アドバイザーの久保逸郎です。

 

先日住んでいる地区の夜間パトロールに参加する機会がありました。
長年子ども達を見守りしていただいている高齢者と、中学生の保護者達と一緒に夜9時から町内を歩いて、夏休みに夜遅くまでウロウロしている子どもがいないかどうかを確認して回るというものでした。

 

このパトロール自体はとくに感想は無いのですが、上級生の保護者もいたためか、塾や高校の話題が多かったことが印象的でした。
親の立場では子どもに勉強を頑張ってもらいたいのは当然ですし、その子ども自身だってよりレベルが高いところを目指そうとすることは当たり前で、どちらも本能的に正しいことだと思います。
私も保護者ですから、その気持ちはわかります。

 

それにもちろん環境が人を作る部分は否定しません。
人は周囲に流されやすい生き物ですから、勉強でも他のことでも、周囲のレベルが高いほうが伸びやすいことは事実です。

 

 

 

しかし、高校なんて所詮社会に出るまでのプロセスに過ぎないんです。
大学や短大・専門学校などに進学すれば、出身高校は最終学歴にはなりません。
就職活動においても履歴書の学歴欄に記入をして見られるのは基本的に最後に出た学校で、どこの高校を出ているかはほとんど関係ないでしょう。
転職で使う履歴書の場合、最終学歴だけの記入になります。
(世の中には学歴をモノサシにして人を判断する人も一部にいますが、世の中には学歴が無くても素晴らしい人や能力がある人はたくさんいますので、そのような学歴をモノサシにして人を判断するような方とは距離を置いたほうがいいですね)

 

ましてや仕事などで県外に出てしまえば、履歴書に高校名が書かれていても、その高校がどのような学校なのかまで知っている人は少数です。
実際私は愛知県で育ち、福岡に住んでもう20年近くになりますが、今でも偏差値がどうとか、特徴的な教育が行われているといった福岡の高校事情はあまりよく知りません。

 

むしろ大人になって県外に出てしまえば、偏差値の高い地元の進学校などよりも、甲子園常連校や何かの特定のスポーツの分野で実績を残している強豪校のほうが知っている人も多く、会話のネタにできたりするものです。

 

 

なかには高校受験で「志望校に行けなかった」などと失敗したショックを引きずってしまって、それが高校を辞めることに繋がってしまう方もいますが、大人になれば出身高校がどこかということは大した問題ではないので、今の環境で精一杯過ごすことを大切にしてもらいたいものです。

 

それに挫折をバネにして頑張るというのもありだと思います。
人というのは全てが順調にいった人よりも、失敗や挫折の経験を持つ人が、それを乗り越えて頑張っている姿に魅力を感じるものです。

 

「ビリギャル」があれだけ多くの人に受け入れられたのをみればわかりますよね!

The following two tabs change content below.
ドロップアウト専門アドバイザー ファイナンシャルプランナー 高校を1年で中退。独学で大学入学資格検定を取得して大学進学。大学卒業後は大手リース会社、外資系生命保険会社を経て、平成15年3月にファイナンシャルプランナーとして独立。 相談業務を中心に実務派ファイナンシャルプランナーとして活動する傍ら、ライフプランや資産運用などのお金のことについて年間100回近いセミナー等の講演活動や、マネー雑誌等への原稿執筆などを行っている。 近年は自身の高校中退経験を踏まえて、高校中退者などのドロップアウトを経験した若い方々へのキャリアアドバイスを行っている。 FPオフィス クライアントサイド 代表

関連記事

  1. マインド

    ~黒田博樹投手に学ぶ~ 諦めないで続けてみる

    ドロップアウト専門アドバイザーの久保逸郎です。昨日広島カープの…

  2. マインド

    目標設定の重要性

    ドロップアウト専門キャリアアドバイザーの久保です。あけましておめで…

  3. マインド

    年齢なんて気にしない

    ドロップアウト専門キャリアアドバイザーの久保逸郎です。高校中退者の…

  4. マインド

    流れを変えるために、意識的に間を置いてみよう

    ドロップアウト専門アドバイザーの久保逸郎です。リオ五輪のテニス…

  5. マインド

    苦しみが避けられないのであれば、むしろそれを楽しめ

    ドロップアウト専門アドバイザーの久保逸郎です。インターネットで…

  6. マインド

    サザエさん症候群の対処法

    ドロップアウト専門アドバイザーの久保逸郎です。先日初めて会った…

  1. 就職・転職

    職人を目指すのも良い選択肢
  2. ご挨拶

    はじめまして
  3. 高卒認定試験

    過去問をたくさん解くことが高卒認定試験突破への近道
  4. 大学受験

    センター試験の準備は余裕を持って
  5. 就職・転職

    これからの社会で絶対に必要になる英会話力
PAGE TOP