高卒認定試験

過去問をたくさん解くことが高卒認定試験突破への近道

ドロップアウト専門アドバイザーの久保逸郎です。

この前まで「ドロップアウト専門キャリアアドバイザー」としていましたが、今回から「キャリア」を外すことにしました。理由は巷のキャリアアコンサルタントの方の多くが「いい学校・いい会社に入ること」を中心にアドバイスをしていて、私が本当にお伝えしたい「自分らしく生きること」とは違うからです。

またいい名前が思いついたら変えるかもしれませんが、当面は「ドロップアウト専門アドバイザー」でいこうと思います。

さて今回は高卒認定試験が近づいているので、効果的な学習方法をお伝えします。
その効果的な学習方法とは、「とにかくたくさん問題を解く」ことです。
大学受験などの場合でもそうですし、私がこれまで受けてきた各種の資格試験でも同じですが、試験の出題というものには傾向があります。

とくに高卒認定試験は出題範囲が高校で学習する内容に限られますから、全く目新しい問題を作ることは困難です。
そのため過去数年の間に出題されたのと同じような問題が、また出題される可能性はとても高いのです。
教科書などを繰り返しマーカーなどで線を引きながら覚えようとするよりも、まずは問題を解いてみて、間違えた箇所だけを教科書などのテキストに戻って確認するようにしましょう。

0a287e186211bceff132adb02e0954be_s

また、その時に間違えた箇所は必ずチェックしておくようにしてください。
問題を解く作業を繰り返していると、毎回間違える箇所がわかってくるはずです。
そうすれば試験直前はその間違いの多い箇所だけを学習すればよくなります。
間違いの少ない正答率の高いところは省いて学習することができるので、時間的にも大変効率がよくなります。

それに高卒認定試験では満点を目指す必要はありません。
試験のレベルも中学から高校1年生で習う程度ですから、誰か教えてくれる家族や友達が見つからないことはないと思いますが、とにかく合格点に達すればいいので、どうしても理解できない部分は捨てても構いません

学校の中間テストや期末試験などと違って、高卒認定試験やその他の資格試験などは良い点数をとろうがとるまいが得られるものは同じです。
だから「最小限の努力で、ギリギリの最低ラインで合格するのが一番いい」のです。
しかし、試験に挑む前からあまりギリギリの最低ラインを狙ってもいけませんから、合格ラインの少し上を目指すような気持ちで、あまり完璧を求めないようにしましょう。

これには理由があって、人間というのは完璧を目指すと「しっかり勉強しなきゃいけない」「高得点を取らなきゃ」などと自分にプレッシャーをかけてしまって、それが反対に自分を動けなくしてしまうことに繋がってしまうことがよくあるからです。

eab2bad3c6e3af4c1a4ba9f66313e791_s

高卒認定試験の過去問題は下記の文部科学省のサイトから手に入れることができます。
バラエティのクイズ番組の問題と同じような気持ちで、気軽に問題を解いてみることから始めてみてください。

文部科学省 高等学校卒業程度認定試験問題 過去実施問題
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shiken/kakomon/


冒頭の私の肩書について「適当だなぁ」と笑った方もいると思いますが、その適当さというか、動きながら考えることは人生で大切なことだと思います。
それは高校を中退して悩んでいる人や、ひきこもりなどの人に多い傾向として、「先に考えてしまって動けなくなっている」ことがよくあるからです。

「失敗したらいけない」「笑われたらどうしよう」などといった不安が先にきてしまって、それで動けなくなってしまうのです。
そういう人はタレントの高田純次さんの写真でも飾って、あの適当な感じを見習うようにしたらいいですよ!
それに人間は完璧な人よりも、隙のある人や人間くさい人などのほうに好感を持つものですから、何も悪いことはありません。

そのようなメンタルブロックのことについては、また別の機会に書きますね。

The following two tabs change content below.
ドロップアウト専門アドバイザー ファイナンシャルプランナー 高校を1年で中退。独学で大学入学資格検定を取得して大学進学。大学卒業後は大手リース会社、外資系生命保険会社を経て、平成15年3月にファイナンシャルプランナーとして独立。 相談業務を中心に実務派ファイナンシャルプランナーとして活動する傍ら、ライフプランや資産運用などのお金のことについて年間100回近いセミナー等の講演活動や、マネー雑誌等への原稿執筆などを行っている。 近年は自身の高校中退経験を踏まえて、高校中退者などのドロップアウトを経験した若い方々へのキャリアアドバイスを行っている。 FPオフィス クライアントサイド 代表

関連記事

  1. 高卒認定試験

    できれば年度の終わりに高校を中退する

    ドロップアウト専門キャリアアドバイザーの久保です。年内も残すところ…

  2. 高卒認定試験

    一日の始まりは得意科目から手を付ける

    ドロップアウト専門アドバイザーの久保逸郎です。8月3日・4日に…

  3. 高卒認定試験

    高認予備校に通わないという選択

    高校を中退した時に真っ先に考えることは、そのまま働くことを選択するか、…

  4. 高卒認定試験

    平成28年度高等学校卒業程度認定試験の日程

    ドロップアウト専門キャリアアドバイザーの久保逸郎です。平成28…

  5. 高卒認定試験

    公立の通信制高校を上手に利用しよう

    こんにちは。前回は私自身が公立の通信制高校を使って、大学入学資格検…

  1. マインド

    学校の先生が正しいとは限らない
  2. マインド

    高校なんてどこだっていいじゃん
  3. 就職・転職

    ワーキング・ホリデーを使って、お金をかけないで外国語を学ぶ
  4. マインド

    勝手にあきらめない
  5. 保護者

    高校中退をしても諦める必要がないことを伝える
PAGE TOP