就職・転職

好きなことをやっていると専門性が育つ

ドロップアウト専門キャリアアドバイザーの久保逸郎です。
前回は「職人を目指すことも良い選択肢」という内容を書きました。

しかし、職人になるには専門的な技術を身に付けなくてはいけません。
自分だけで技術を身に付けることは難しいので、基本的には誰か師に付いて、そこで数年以上の修業が必要になってくるはずです。

そういう修業に耐えられそうにない人はどうすればいいか?
または職人を目指すとはいっても、何を目指していいのかわからないという人も多いのではないでしょうか?
その場合にどうしたらいいのかということですが、とりあえず自分が好きなことや、好きになれそうなことから始めてみるのがいいと思います。

日頃から「仕事は歯を食いしばって耐えながらやるものではない」と私は考えています。
人間は好きなことや興味があることをやっている時は楽しいし、その時は何でもどんどん吸収できて自然に身に付いていくものです。

d0af5bc4fa9d940581155c22ed35cd80_s

うちには小学校5年生の息子がいますが、彼を見ていると本当によくわかります。
彼は幼少の頃から電車などの乗り物を覚えるのが大好きでした。
1歳児の頃から、見たことのない「江ノ電」「踊り子号」なんかをすぐに名前が言えるくらい覚えてしまいました。
年長の頃から小学校低学年の頃にかけてはポケットモンスター、そして今はバディファイトとかのカードには本当に詳しいです。
の一方で、学校の勉強にはあまり興味がないのか、教科書に載っていることはなかなか覚えません。

これは子供だけにある傾向ではなくて、大人も同じです。
皆さんも好きなことや、興味のあることはすぐに覚えてしまいませんか?

私自身を例に挙げると、とくに勉強をしたわけではありませんが、小学生の頃から地理などに興味があって、社会科だけは得意でした。
中学生の頃は授業態度が悪かったので通知表でいい評価はもらえませんでしたが、社会科のテストの得点だけなら学年1位をとったことがあります。
予備校時代には代々木ゼミナールの模擬試験の日本史で、全国で500位内になったことがあります。
その時の日本史の偏差値は70を超えていました。

社会人になってからは毎日複数の新聞や、さまざまな経済レポート等を読んでいますが、全然苦になりません。
仕事ではありますが、どちらかといえば
趣味のような感覚です。
でもそういう積み重ねはいつか専門性になっていきます。
今私が金融・経済を専門とするファイナンシャルプランナーとして、全国各地で世界経済や資産運用の講演などをさせていただく機会があるのも、たまたま子供の頃から好きでやってきたことが、いつの間にか自分自身の専門性になってしまったのだと思っています。

90fed04d81cea1c224d39b49a369e9ff_s

私なんかとは到底比較になりませんが、あのメジャーリーグのイチロー選手だって、きっと子供の頃から野球が好きで好きで仕方なかったはずです。
好きだからこそ厳しい練習もそれほど苦にならないでできたのだと思いますし、その積み重ねで世界最高レベルのプロフェッショナルな選手になることができたのだろうと思います。

人間は嫌なことや苦手なこと、または興味が無いことを、いつまでも続けられるほど強くありません。
だったら好きなことに思い切りチャレンジしてみませんか?
案外それが将来自分の専門分野になっている可能性はあると思います。

専門性を身に付ければ、学歴なんてあまり関係ないですしね。

The following two tabs change content below.
ドロップアウト専門アドバイザー ファイナンシャルプランナー 高校を1年で中退。独学で大学入学資格検定を取得して大学進学。大学卒業後は大手リース会社、外資系生命保険会社を経て、平成15年3月にファイナンシャルプランナーとして独立。 相談業務を中心に実務派ファイナンシャルプランナーとして活動する傍ら、ライフプランや資産運用などのお金のことについて年間100回近いセミナー等の講演活動や、マネー雑誌等への原稿執筆などを行っている。 近年は自身の高校中退経験を踏まえて、高校中退者などのドロップアウトを経験した若い方々へのキャリアアドバイスを行っている。 FPオフィス クライアントサイド 代表

関連記事

  1. 就職・転職

    ワーキング・ホリデーを使って、お金をかけないで外国語を学ぶ

    ドロップアウト専門キャリアアドバイザーの久保逸郎です。前回は企業の…

  2. 就職・転職

    石の上にも五年

    ドロップアウト専門アドバイザーの久保逸郎です。先日「仕事が長く…

  3. 就職・転職

    学歴の価値が下がってきているので、高校中退でも悲観しないでいい

    ドロップアウト専門アドバイザーの久保逸郎です。最近は仕事選びに…

  4. 就職・転職

    これからの社会で絶対に必要になる英会話力

    ドロップアウト専門アドバイザーの久保逸郎です。今月の20日から…

  5. 就職・転職

    学歴よりも外国語

    ドロップアウト専門キャリアアドバイザーの久保逸郎です。4月21日か…

  6. 就職・転職

    職人を目指すのも良い選択肢

    ドロップアウト専門キャリアアドバイザーの久保逸郎です。今週はインフ…

  1. 保護者

    高校中退をしても諦める必要がないことを伝える
  2. マインド

    失敗や挫折の経験は、成長するための絶好のチャンス
  3. 就職・転職

    学歴の価値が下がってきているので、高校中退でも悲観しないでいい
  4. 大学受験

    センター試験の準備は余裕を持って
  5. マインド

    勝手にあきらめない
PAGE TOP