マインド

勝手にあきらめない

ドロップアウト専門キャリアアドバイザーの久保です。
三連休の終わりということで高校ラグビーの決勝戦をテレビ観戦してから、自宅でこのブログを書いています。
先日の大学ラグビーの決勝戦でも感じたことですが、やはり勝利に向かって最後まであきらめない姿勢は観ている人の心を揺さぶりますね。

そこで今回は「あきらめない」ことの大切さについて書きたいと思います。
人間には自分で勝手にあきらめる人と、ダメでも行動を起こしてやってみる人と2種類の人がいます。
勝手にあきらめる人は、「〇〇さんにはできるかもしれないけど、自分には無理」「絶対にできない」などと言い訳が先行してしまい、最初から行動を起こそうとしません。

ですが現実的には行動を起こしてやってみれば、意外とできてしまうものなのです。
あなたも「できない」と思っていたけれど、「やってみたら意外に出来てしまった」という経験はありませんか?

例えばもう20年近く昔のことになります。
誰にも教えてもらわなかったこともありますが、私が初めてスノーボートをした時はスキーと違って両足が固定されるので、最初は「これは絶対に無理」と思いました。
すぐにスキー板に履き替えようかと思ったくらいです。
それがスキーで雪には慣れていたこともあるとは思いますが、見様見真似でやってみた結果、約2時間後にはなんとか中級者コースの斜面を転ばずに降りられるようになりました。

03755ac001cba49f602176012fddc112_s

仕事でも同じような経験があります。
もともと私はパソコンとかが得意ではありません。
今も説明書などを読むのが嫌いなので、機械関係は全般的に苦手です。
社会人になるまでウインドウズというのは何かのゲームだろうと思っていたくらいだったので、ホームページを作る人とかは異次元の世界と感じていたのですが、それでも起業して必要に迫られて自分でホームページを作ってみたら、苦労はしたけどいつの間にか自分で作れるようになってしまいました。
今では事務所のホームページも、このブログも全て自分で作っています。

このように人間はやってみれば意外にできてしまうものなのです。
それは人間というのは生まれつきある程度の能力は持っていて、もちろん人によって能力に差があるのは事実ですが、実際はそれほど能力に差があるものではないからです。

例えば世界最速の100メートル走の記録はウサイン・ボルトの9秒58です。
日本人の最高記録でも伊東浩司選手の10秒ジャストです。
それに対して足の遅い一般人でも、大抵は15秒程度あれば100メートルを走ることができます。
その差は約1.5倍程度の時間にすぎません。

英単語を20個覚えるのに、能力の高い人が1時間で覚えてしまうとします。
能力が低い人、覚えることが苦手な人でも、集中して1時間半もかければ覚えられるのではないでしょうか?
人間の能力差なんて、所詮その程度のものです。
だから「自分にはできない」と最初から勝手にあきらめないで、とりあえず行動してみて、それを続けてみてください。

c4615a91fdbf33faf9bdc76767229c2a_s

人生は短距離走ではなくて長距離走です。
いつか目標とするゴールに辿り着けばいいのです。
けっして急ぐ必要はありません。
高校中退したからといって悲観的にならず、自分の可能性を信じて一つ一つ行動を継続してみてください。

ウサギじゃなくて亀でいいので、一歩一歩目標に近づいていってください。
きっとどこかで「自分でもできる」という手応えを得られる瞬間がくると思いますよ。

The following two tabs change content below.
ドロップアウト専門アドバイザー ファイナンシャルプランナー 高校を1年で中退。独学で大学入学資格検定を取得して大学進学。大学卒業後は大手リース会社、外資系生命保険会社を経て、平成15年3月にファイナンシャルプランナーとして独立。 相談業務を中心に実務派ファイナンシャルプランナーとして活動する傍ら、ライフプランや資産運用などのお金のことについて年間100回近いセミナー等の講演活動や、マネー雑誌等への原稿執筆などを行っている。 近年は自身の高校中退経験を踏まえて、高校中退者などのドロップアウトを経験した若い方々へのキャリアアドバイスを行っている。 FPオフィス クライアントサイド 代表

関連記事

  1. マインド

    苦しみが避けられないのであれば、むしろそれを楽しめ

    ドロップアウト専門アドバイザーの久保逸郎です。インターネットで…

  2. マインド

    熊本地震で被災された若い方々へ

    ドロップアウト専門キャリアアドバイザーの久保逸郎です。先週4月15…

  3. マインド

    もしも部活動がストレスになって学校を辞めてしまったのなら

    ドロップアウト専門アドバイザーの久保逸郎です。…

  4. マインド

    流れを変えるために、意識的に間を置いてみよう

    ドロップアウト専門アドバイザーの久保逸郎です。リオ五輪のテニス…

  5. マインド

    何をするにも基本が大切

    ドロップアウト専門アドバイザーの久保逸郎です。今月19日に宮崎…

  6. マインド

    高校なんてどこだっていいじゃん

    ドロップアウト専門アドバイザーの久保逸郎です。…

  1. マインド

    流れを変えるために、意識的に間を置いてみよう
  2. 就職・転職

    職人を目指すのも良い選択肢
  3. 高卒認定試験

    一日の始まりは得意科目から手を付ける
  4. マインド

    苦しみが避けられないのであれば、むしろそれを楽しめ
  5. 生活習慣

    生活のリズムを作る
PAGE TOP