就職・転職

高認出身は就活でマイナス要素になるのか?

ドロップアウト専門キャリアアドバイザーの久保です。
最近受けた相談から「高認出身は就活でマイナス要素になるのか」ということについて、今回書きたいと思います。

私自身の就職活動はバブル崩壊直後の厳しいタイミングでしたが、大学入学資格検定を取得して大学に進学したことが、就職活動においてマイナスになっていると感じたことは一度もありませんでした。
それは入社して以降も同じで、そもそも社会人になってから出身高校を聞かれる機会なんて滅多にないですし、たとえ聞かれたとしても「高校は辞めたので、大学入学資格検定を取って大学に進学しました」と答えると、けっして偏差値の高い大学を卒業しているわけではないですが、「すごいね」っていう感じで周囲から好意的な反応を示していただくことのほうが圧倒的に多いです。

世間的にそうだと思いますが、順調に人生を歩んできた人に対してよりも、苦労した経験があったり、回り道を経験した人のほうが、より親しみや尊敬の気持ちを持ってもらいやすいものではないでしょうか?
私自身は苦労した感覚は持っていませんが、中途半端な進学校を経て大学に行っているよりも、「大検出身」のほうが勝手に高く評価してもらえていると感じています。
これは高卒認定試験も同じだと思います。

b916da54d50076ba39d6f646f5206f71_s

たしかに保守的な採用をする企業も存在します。
一部の大企業や、地方の金融機関などにそのような傾向を感じることがあります。
しかし、今はグローバル化が進んでいる時代なので、賢い経営者達は「ダイバーシティ(多様性)」の重要性を理解していて、学歴や出身校などにあまりとらわれず、外国人を含めて積極的に多様な人材を採用するようになってきています。
高認出身程度のことでマイナス評価を行うような企業は、おそらくこれから成長していく企業ではないですから、「むしろ採用されなくてラッキー」くらいの気持ちでいてよいのではないでしょうか?

これは余談ですが、就職活動の人気企業ランキングで上位にきている企業は少し前にピークを迎えていて、これから下り坂に向かうようなところが多いです。
私が関わっている金融業界なんかはその典型的な例で、これから少子高齢化が進行していくので国内マーケットの縮小は避けられず、将来の危機に備えて経営統合や合併、それに伴うリストラが相次いでいるのに結構就活生に人気があったりします。
私自身の経験からしても絶対に「伸びている会社で働いたほうが楽しい」ですから、就活生の皆さんはこれから伸びる企業を選んでもらいたいものです。

もう亡くなってしまいましたが、2012年に金融機関の新春講演会で米長邦雄氏(元日本将棋連盟会長)が「学校は親の喜ぶところに行きなさい。就職は親が泣くところにしなさい」と言っていたのを聞いて、大変的を得た表現なので「流石だな」と思ったことがあります。
これから伸びる企業の探し方については、日頃から金融・経済に関する講演などで話していることなので、そのうち機会を見て書きたいと思います。

1361c2e6e412c9370531c647b5e4cbce_s

そしてなによりも大切なことは、高認を経て大学に進学したことをコンプレックスに思わないことです。
就職活動でなかなか内定がもらえない時期などには、「高認出身がマイナスになっているのではないか」と考えてしまうかもしれませんが、そもそも完璧な人間なんていません。
外見や学力・コミュニケーション能力など、それぞれ誰でもどこかにコンプレックスを抱えているものです。
そこを触れてほしくないと思って身構えるのではなく、触れられても明るく笑い飛ばすような感じで余裕を持つと好感度が上がります。
就職活動の面接時などでもそのような余裕を持つ感じで振舞っていると、たぶん「回り道をした分だけ、順調にきた学生よりも経験を積んでいるのかな」などと前向きに受け取ってもらえるのではないでしょうか?

The following two tabs change content below.
ドロップアウト専門アドバイザー ファイナンシャルプランナー 高校を1年で中退。独学で大学入学資格検定を取得して大学進学。大学卒業後は大手リース会社、外資系生命保険会社を経て、平成15年3月にファイナンシャルプランナーとして独立。 相談業務を中心に実務派ファイナンシャルプランナーとして活動する傍ら、ライフプランや資産運用などのお金のことについて年間100回近いセミナー等の講演活動や、マネー雑誌等への原稿執筆などを行っている。 近年は自身の高校中退経験を踏まえて、高校中退者などのドロップアウトを経験した若い方々へのキャリアアドバイスを行っている。 FPオフィス クライアントサイド 代表

関連記事

  1. 就職・転職

    学歴よりも外国語

    ドロップアウト専門キャリアアドバイザーの久保逸郎です。4月21日か…

  2. 就職・転職

    学歴の価値が下がってきているので、高校中退でも悲観しないでいい

    ドロップアウト専門アドバイザーの久保逸郎です。最近は仕事選びに…

  3. 就職・転職

    これからの社会で絶対に必要になる英会話力

    ドロップアウト専門アドバイザーの久保逸郎です。今月の20日から…

  4. 就職・転職

    好きなことをやっていると専門性が育つ

    ドロップアウト専門キャリアアドバイザーの久保逸郎です。前回は「職人…

  5. 就職・転職

    職人を目指すのも良い選択肢

    ドロップアウト専門キャリアアドバイザーの久保逸郎です。今週はインフ…

  6. 就職・転職

    ワーキング・ホリデーを使って、お金をかけないで外国語を学ぶ

    ドロップアウト専門キャリアアドバイザーの久保逸郎です。前回は企業の…

  1. 高卒認定試験

    公立の通信制高校を上手に利用しよう
  2. お知らせ

    JIJICOにコラム掲載『子どもが高校を中退した時、親がやるべきこと3つ』
  3. マインド

    もしも部活動がストレスになって学校を辞めてしまったのなら
  4. マインド

    何をするにも基本が大切
  5. マインド

    熊本地震で被災された若い方々へ
PAGE TOP